BLOG

『髪質改善トリートメント(トリートメントショット)』とは・・?
美容how to,ヘアー
2019/01/23
今回はLe GRACEでも導入している
『髪質改善トリートメント(トリートメントショット)』
について、詳しくご紹介致します!



こんな事で悩んでいませんか?


ハイダメージ毛
縮毛矯正・ストレートパーマができない  

くせ毛にずっと
  悩まされている  
            
年齢を重ねるにつれ、
髪のパサつき・うねりが酷くなった 
 
ストレートヘアにしたいが、
髪へのダメージは気になる 
  

トリートメントショットはそんな方に是非体験してほしいメニューです。
なぜそのお悩みを解決できるのか?何が違うのか?
その理由をお話していきます★



髪質改善トリートメント?
トリートメントショット?


髪質改善トリートメントとトリートメントショットはイコールではありません。
「髪質改善トリートメント」はあくまでネーミングで、施術内容は美容室によって異なります。


トリートメントショットはムコタというメーカーの商品名となります。
Le GRACEでは髪質改善トリートメントにトリートメントショットを使っていますので、
イコールですが、他のサロンでも同様とは限らないのでご注意下さいね。


髪質改善トリートメントの中の1種がトリートメントショットだと思って頂ければと思います。

それを踏まえた上で、今回は『トリートメントショット』についてのお話です!



縮毛 or ストレートパーマ 
or トリートメントショット・・?


「サラサラのストレートヘアを手に入れたい」となった場合、施術は下記のような選択肢があります。

●縮毛矯正●
薬剤(2剤)+アイロン(熱)で髪をまっすぐに伸ばす

●ストレートパーマ●
薬剤(2剤)を使用して髪をまっすぐに伸ばす

●トリートメント●
髪の内部補修をして、髪のダメージを軽減する


さて、トリートメントショットはどの部類になるのでしょうか?

正解は・・どれにも当てはまりません!
トリートメントショットは上記3つのメニュー工程とも違う、新ジャンルのメニューとなります。

クセ毛・ハイダメージ毛にも効果が期待出来ますが、毛質によって最適なメニューが異なりますので
一度美容師にご相談下さいね♪



トリートメントショットの違い

さて、トリートメントショットは何が違うのか・・!
ざっくりいうと『クセ毛・ダメージ毛へのアプローチの仕方』が異なります。

縮毛矯正とストレートパーマの工程は熱を加えるかどうかの違いです。
それ以外は一剤で髪の組織を崩し、髪をまっすぐにした後、二剤で元の髪の組織を元に戻すという所は同じです。

この一剤には『還元剤』が入っており、髪をまっすぐにする為に一度髪の組織を崩します。
この工程が髪に負担をかける為、ハイダメージの方にはオススメできない施術となっています。


トリートメントショットはこの還元剤のような役割を「イオン結合」で行い、組織を壊す事なく髪の内部構造を整えます。


髪の組織を崩すことをしない為、ハイダメージの方にも使用できるという事なのです!

また、通常のトリートメントは”内部補修”、
トリートメントショットは”内部構造を整える”為、通常のトリートメントよりもくせ毛・ダメージ毛への効果が期待できます。


つまり・・
縮毛矯正・ストレートパーマとトリートメントの中間で良いとこ取りをしているのがトリートメントショットなんです♩

髪をストレートにする強制力は縮毛矯正・ストレートパーマに劣りますが、
トリートメントでくせ毛・うねりにアプローチできる嬉しいメニューです。

また、ストレートパーマや縮毛矯正だと髪がペタっとなりボリューム感がなくなってしまうエイジング毛の方には、
パサつき・うねりは押さえつつも、髪の毛がヘタりすぎないのでおすすめです!


当サロンではエイジングケアメニューとしておすすめしております♪



トリートメントショットの工程

当サロンで行っているトリートメントショットの工程をご紹介致します。

【STEP1】シャンプー

髪の毛に付着している汚れ・スタイリング剤を洗い流します。

【STEP2】トリートメントショット 塗布

トリートメントショットを塗布し、5~15分自然放置します。
※髪の状態により放置時間が異なります。

【STEP3】お流し・ドライ

トリートメントを洗い流し、一度髪の毛を乾かします。

【STEP4】アイロン

トリートメントショットは150℃以上の熱を与えることで反応する為、
アイロンで熱を加えます。


【STEP5】仕上げ★


アイロンしたからまっすぐになるんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが(笑)
次の日何もやっていない状態でも、毛先の広がりや髪の毛のまとまり具合がいつもと異なる事を実感頂けます(^^)






トリートメントショットはどのくらい持つの?

クセ毛やダメージにより個人差がありますが、最大で2ヶ月持続すると言われています。

ダメージで髪がまとまらない方、年齢によるパサつきや髪の広がりがきになる方など
繰り返し使用頂くことで、髪の性質を整える効果が期待できます!





トリートメントショットの
ストレートパーマ♪

クセが強い方やよりストレート感を出したい方には、トリートメントショットのストレートパーマがおすすめ★
トリートメントと同様に、水分の減少を防ぎタンパク質の硬化を減少する効果がある為、
通常のストレートパーマでダメージが気になる方は、ぜひトリートメントショットのストレートパーマをお勧めします!

    





トリートメントショット利用者の声

ル・グラ-スで実際にトリートメントショットを体感したお客様の声を一部ご紹介します♪
トリートメントショットは今までのトリートメントと違う感覚で、お客様にも大変喜んで頂いております(^^)




ルグラ-スでは一人ひとりの髪質・ダメージを見極めて施術を行います♪
髪のクセ毛・ダメージ・エイジングケアでお悩みの方は是非ルグラ-スへお越し下さい★